【熟女体験談】母のはいていた黒のパンストに精子がついており、痴漢を想像してオナニーした息子

今から5,6年ほど前のことです。

両親が故あって離婚し、僕は母と父の出た自宅において生活する事になりました。
僕が16才、母は42才でした。

当時、42才の母は「ババア」の類だと思っており、特に母親に女を感じたことなど皆無でした。
しかし、離婚してから半年ぐらいたった冬寒むの天候の時のことです。

体調を崩し、学校を早退した僕は帰宅後にキッチン脇のゴミ箱の中からある物を見つけました。
何の変哲もない、母のはいていた黒のパンティストッキングでした。

「またゴミ分別していねぇよ!」

と一人毒づき、その黒いパンティストッキングを手に取る…

記事元で続きを見る
タイトルとURLをコピーしました