脇フェチのワイ、田舎のふくよかな中年女の腋毛に興奮

「麦茶しかないけど、いい?」「ええ、お構いなく」おばさんは、白いタンクトップを着ていた。胸の谷間が目に飛[…]「麦茶しかないけど、いい?」「ええ、お構いなく」おばさんは、白いタンクトップを着ていた。胸の谷間が目に飛び込んでくる。おれは、興奮していた。それと同時に緊張していた。おれは以前から、おばさんに魅了されていた。好きだった。20歳も離れているのに。おばさんは45歳で、どこから見ても普通の田舎の中年女だった。が、おばさんの体は素晴らしかった。丸みを帯びた豊満な体はまろ…
人妻・熟女とのエロい体験談で続きを見る