バツイチ二児の子持ちの幼馴染みと久しぶりに再会したら

オレは大学を卒業し、そのまま都会で就職したのだが、家の仕事を継ぐ為、久しぶりに地元へもどってきた。ある日コンビニで買い物をしていると「○○君?」と声をかけられた。振り向くとそこには小学生の頃からの幼なじみのアユミが立っていた。下を見るとベビーカーが。結婚の報告は聞いていたが子供がいる事は知らなかった。「子供デキたの?」「うん・・・二人目!」「そっか・・・オメデト」オレ達はコンビニを出て他愛もない会話をした。聞くとこによると彼女はその後、離婚をして実家に戻り今は保険の外交員を…
リアルな告白~秘密のエッチ体験談~で続きを見る