【Hな体験】酔っ払った俺を襲ってきた年上の女子大生[後編]

姉御肌のR子さんはちょっとS気があり、引っ込み思案な私はちょっとM気があるのかもね、などとも言われましたがズバリかも。後になってR子さんにもM気があることに気づいたけど、この時点で分からなかった。あまりの快感に耐え切れず膝がガクガクしてきたので床にへたりこんでしまいましたが、R子さんのバキュームは止みません。もう耐え切れないので「やめて」と頼んだのですが、お尻の方に手をまわしてきてガッチリロックされ、「あ~、ダメダメダメ~」などと情けない嬌声をあげながら口の中に出してしま…
リアルな告白~秘密のエッチ体験談~で続きを見る