不倫の代償で妻が寝取られるショッキングなハプニング

付き合って二年になる彼女と僕たちは当時共に23才。周囲も公認の仲で将来的には結婚も視野に入れた交際をしていたのです。彼女は健康的な感じで体を動かすのが大好きなコでしたからスポーツジムやテニススクールに通ったりするのが日課になっていました。時には週末に…付き合って二年になる彼女<ミサ>と僕たちは当時共に23才。周囲も公認の仲で将来的には結婚も視野に入れた交際をしていたのです。彼女は健康的な感じで体を動かすのが大好きなコでしたからスポーツジムやテニススクールに通ったりするのが日課になっていました。時には週末にテニスの試合があり、僕も応援がてら見物に行ったりしているうちに彼女のテニス仲間やコーチ達とも顔見知りになって彼女と一緒にその仲間内で開催される飲み会にも参加したりして、しだいに打ち解けていったのです。そこで知り合ったテニスコーチの美幸さん(27才)の大人の魅力というかなんとなく醸し出すフェロモンに誘発されて一夜限りの過ちを犯してしまいました。彼女は既婚者であり夫は同じテニススクールのコーチで隆明さん<31才>という見るからに浅黒く日焼けした爽やかイケメンという感じの人。そして、この一夜限りの情事に罪悪感を持った彼女は彼に全てを打ち解けてしまったのです。隆明さんから僕の携帯に電話があり彼と二人で会う事に。僕は殴られるのではないか、果ては慰謝料のようなものを請求されるのではないかとわななき、そしてなにより結婚しようとしていたミサにバレてしまうのが怖くて仕方ないというような気持ちで待ち合わせの喫茶店に着き、店内を見渡すと約束の時間の15分ほど前でしたが既に隆明さんは着いていました。席に着き挨拶をしてから今回の事について深々と頭を下げ謝罪。彼の目を見ることができず頭を上げれずにいると、彼はわかったから頭を上げてくれと言い、過ぎてしまったことを今更騒ぎ立てることはしない、それにこのことを大袈裟にすると自分や妻の仕事上、他の会員の手前まずい事になる。妻にも落ち度はあることだし君が他言などせず、今後一切妻と関係することは絶対しないと約束してくれれば君の彼女にも黙っていると寛大な態度で対応してくれたのです。その態度で僕は余計に申し訳ない気持ちになり涙をこぼしながら最後にもう一度頭を下げて謝り店を後にしました。この事で僕は彼女のテニス仲間の集いにはあまり足を運ばなくなりましたが、何も知らないミサはそのままテニススクールを継続していきました。そうして約一年の時が過ぎ、僕とミサは結婚することになり式の準備などで忙しい日々を送りましたが無事式も終わり、月並みですけれどもハワイに新婚旅行にも行きこのコのことを守り、大事にしていこうと決意を固め新婚生活を開始。式から三ヶ月ほど経過したある日曜、ミサはいつものようにテニスへ。家で僕が留守番をしているとインターホンが鳴り、玄関を開けてみるとそこには隆明さんが立っていました。僕はちょっと驚き、「今日はテニススクールのはずではないのですか、どうしたんですか?」と尋ねると
記事元で続きを見る
タイトルとURLをコピーしました