汗フェチの変態女子大生

この前の日曜日の出来事。俺は27歳ながら大工をやっていて、この前、家を建てたお客さんからの紹介で、とある家のリフォーム工事を受注することが出来た。工事は簡単で、リビングに高さ1メートル程の木を貼り付ける工事だったので、月曜日一日で工事を終わらす予定で、日曜日に材料を降ろしに行った。家には施主である40代後半のお客さん夫婦は留守で、女子大生の娘が一人いた。材料を降ろし終わる頃にその娘がお茶を出してくれた。一服していたら・・・。

「大工さん、私の部屋の扉の開閉がしづらいので見てもらえませんか?」「いいですよ」娘の部屋に入るなり、勝負パンツと見られるパンツが干してあった。娘は焦り、「…

記事元で続きを見る