【Hな体験】看護師の私をオカズにしてた男の子と[第4話(終)]

その後、1週間して大輝君が検査しにやって来ました。私は外来担当ではないので会いに行くことはできません。初めから会えないことは分かっていたので諦めていて、その日も普通に仕事をしていたら医師と看護士長の2人が私のところに来ました。 「斎藤さんちょっといいかしら?」「はい。何でしょうか?」「斎藤さん、大輝君を覚えてるでしょ?」「わかりますが、大輝君が何か?」「今日、大輝君が検査で来たんだけど、大輝君のお母さんが仕事に行っちゃって大輝君が帰れないのよ。大輝君もお母さんからは帰りはバスかタクシーで帰りなさいって言われたらしいんだけど、危ないでしょ。病院の送迎バスも夕方までないし。だから担当…
記事元で続きを見る