お詫びはいらん。もげろ

調子に乗って書かせてもらいます。感動的な話ではないですが、面白くなくても叩かないで下さいwまずは騙し見合いに至った経緯から。俺の仕事はまずは誰かのところで修行兼ねて働いて、その間に自分の顧客を見つけられれば独立が可能。物を売る商売ではないし、システムとしては弁護士に似ているかもしれない。あんなにステイタス高くはないがw卒業間もない俺にとってはたいした人脈などなかったので、最初は母親や叔父夫婦からの紹介に多くを頼っていた。あるとき、叔父夫婦と「良い仕事をするためにも、早いとこ身を固めろ」という話になった。独身でも所帯持ちでも関係ないと言いたいところなのだが、そういう細かいところまでチェックす…
記事元で続きを見る