プチ同窓会の後に処女の女友達のマンコ舐めた話

二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、プチ同窓会をやった。

男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、

しゃべったこともない奴もいたから、盛り上がりには欠けてた。

店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、

どうせ2次会も盛り上がらないと思った俺は、

密かにみんなから離れて駅に向かった。

切符を買って振り返ると、ゆかり(仮名)がとなりの券売機に並んでた。

ゆかりとは2年の時に同じクラスだったが、

あまり仲良くなかったこともあって、

同窓会でも全然会話はしなかったのだ…

記事元で続きを見る